The Law Offices of

Tsutomu Yasuda

info@yasuda-law.com

________________________________________________

家族がスポンサーとなる場合の移民ビザ申請の優先順位についての解説

F1:            米国市民の未婚の息子及び娘

F2A:        永住者(グリーンカード保持者)の配偶者及び未婚の子供

F2B:         永住者(グリーンカード保持者)の21歳以上の未婚の息子及び娘

F3:            米国市民の既婚の息子及び娘

F4:            成人した米国市民の兄弟・姉妹

*日本人の場合、ビザブレティン左の縦欄("All Chargeability Areas Except Those Listed")が該当。例えば、グリーンカード保持者の配偶者のための申請の場合は、F2A(Family Preferenceの2A)で り、11月現在、締切日は、"22JUN96"となっている。この場合、ビザ申請の優先日が"15MAY96"以前の申請者は、待ち時間がゼロになったことを意味する。優先日とは、移民局が移民ビザ申請を正式に受け付けた日のことをいう。この日付以前に申請手続が完了した申請者は、すぐに移民ビザ申請を米大使館で、 るいは、ステータスのアジャストメントの申請を移民局で、行うことができる。"C"は、Currentの略で、待ち時間がないことを意味する。

 

 

雇用関係に基くビザ申請の優先順位についての解説

EB1:            プライオリティー ワーカー

EB2:            大学院レベルの学位/例外的な能力

EB3:            熟練労働者/その他の労働者

EB4:            宗教活動家

EB5:            雇用創出投資家

*日本人の場合、ビザブレティン左の縦欄("All Chargeability Areas Except Those Listed")が該当。優先日とは、労働証明書の申請が行われた日付(EB2及びEB3)、又は、移民局が移民ビザ申請を正式に受け付けた日(EB1, EB4, EB5)のことをいう。この日付以前に申請手続が完了した申請者は、すぐに移民ビザ申請を米大使館で、 るいは、ステータスのアジャストメントの申請を移民局で、行うことができる。"C"は、Currentの略で、移民局までの申請手続が完了すれば、ビザ取得までの待ち時間がないことを意味する。

DVについての解説

DV−2001当選者の当選通知には、優先番号が記載されている。DV当選者は、2000年10月から2001年9月迄の2001年会計年の一年間のみ、永住 を申請することができるが、この一年の間いつでも永住 申請ができるわけではない。例えば、当選通知の優先番号が、「AS5300」(=アジア地域の当選者で5300番目の当選者)で る当選者は、2001年1月から永住 の申請を米大使館にて行うことができる。(米国在住の者は、移民局でステータスアジャストメントができるが、その場合のタイミングは異なる)

ビザ ブレティンへ

ホームページへ


The Law Offices of Tsutomu Yasuda
350 Fifth Avenue, 59th Floor, New York, NY 10118, U.S.A.
Phone: 212-490-0810
Fax: 212-490-0817
E-mail
info@yasuda-law.com

Information on these pages is not legal advice. We would be pleased to provide legal advice during a personal and confidential consultation.

©2000 Tsutomu Yasuda