The Law Offices of

Tsutomu Yasuda

info@yasuda-law.com

________________________________________________

 LIFE法成立、家族の呼び寄せ、不法滞在者の救済が限定的に可能に

大統領選挙の行方が最終的に決定された直後、ホワイトハウスと共和党優勢の議会は、移民法に関する懸案のパッケージ法案について合意、その後1週間で、本法案は議会を通過、クリントン大統領の署名を経て、新たな法律、「合法的移民及び家族衡平法」、いわゆるLIFE法("Legal Immigration and Family Equity Act"の略)が2000年12月21日、成立した。これにより、不法滞在となっている場合の合法的なビザステータス変更が、限定的に、可能となった。またグリーンカード保持者による配偶者のための移民ビザ請願がペンデイング期間中、配偶者の米国滞在を可能にする新たなビザカテゴリー、「Vビザ」が設けられ、更に、従来のフィアンセビザ、「Kビザ」にも変更が加えられた。

LIFE法の主なポイント:

1.    Section 245(i)を限定的に再施行

        移民法212条(a)(9)(B)によると、米国に180日以上不法滞在した場合は、米国出国後3年間は再入国禁止、不法滞在が1年以上となった場合、その後10年間再入国禁止となる。このような場合は、米国内でビザステータスを回復するために、いわゆるアジャストメントを行えればよいわけだが、現行の移民法の下では、原則として、不法滞在者や不法入国者のアジャストメントは認められていない。その中で、 移民法245条(i)は、罰金を払えばアジャストメントを認めるという趣旨の条項であるが、それはLIFEが施行された12月21日以前は、「1998年1月14日以前に、労働証明書申請あるいは移民ビザ請願書がが受理された者」に限られ、その後不法滞在を行った場合は、アジャストメントが不可能となっていた。LIFEは、この1998年1月14日の期限を、2001年4月30日に変更し、多くの不法滞在者にアジャストメントの門戸を開くものである。この救済措置を受けるための資格は、以下の通りである。

    ‐ 2001年4月30日迄に、移民ビザ請願(Form I-130[家族]又はForm I-140[就労])、あるいは、労働証明書申請(Labor Certification Application)が受理されていること、及び、

    - 2000年12月21日に、米国に滞在していたこと、及び、

   - 1,000ドルの罰金を支払うこと。

    尚、アジャストメント申請自体は、2001年4月30日迄に終了していなくてもよく、上記I-130やI-140が許可された後に、アジャストメントが可能となる。

2.    グリーンカード申請ペンデイング中のビザ、「Vビザ」

    LIFE法によって、新たな非移民ビザカテゴリー、「Vビザ」が設けられた。現状では、グリーンカード保持者が、その配偶者や未成年の子供の為に移民ビザ(=グリーンカード)の請願を行う際、ペンデイング期間が、5年〜6年と長くなっているために、家族が長期に渡って離ればなれになることを防ぐことを趣旨とする。Vビザは、ペンデイング期間が三年以上となっている場合に利用でき、これにより、米国内での就労も可能となる。

3.    「Kビザ」の拡大

    従来、米国市民フィアンセビザとして知られるKビザは、米国市民の配偶者にも適用される。これにより、米国外で米国市民と結婚した者は、Kビザを短期間で取得できるようになり、労働許可も得られるようになる。

4. 今後の見通し

  以上が新法LIFE法の主たるポイントであるが、Vビザ、Kビザの申請・審査プロセスの細目は、2001年1月30日現在、最終決定されておらず、移民局への実際の申請書提出は、これから1〜2ヶ月は待たねばならない。

2001年1月30日

ホームページへ


The Law Offices of Tsutomu Yasuda
8 West 38th Street, 9th Floor, New York, NY 10018, U.S.A.
Phone: 212-730-5331
Fax: 212-730-5332
E-mail
info@yasuda-law.com

Information on these pages is not legal advice. We would be pleased to provide legal advice during a personal and confidential consultation.

©2001 Tsutomu Yasuda