2000年10月18日

クリントン大統領、H-1B法案に署名。ビザ枠拡大実現へ。

米国移民弁護士協会によると、昨日、クリントン大統領は、H-1Bビザ枠を拡大する法案(S.2045)及び費用引上げ法案(H.R.5362)に署名し、10月17日をもって、同法案の立法化が行われた。H-1Bビザ枠拡大に関しては、立法化の期日に関らず、10月17日以前に提出された申請分にも適用される。ビザ申請費用(正確には、申請費の一部をなす「教育及び研修費」*)の引上げに関しては、実際に現行の500ドルから1000ドルに引上げられるのは、2000年12月17日以降の申請分となる。

*H-1B申請には、この他に、移民局へ支払う110ドルの費用が含まれる。

過去のビザ関連記事へ

ホームページへ